大マゼラン雲

2021-12-14

Hubble Sees Hidden Treasure in Large Magellanic Cloud

Written by: 613edabf57..
  • Keywords:  
  • star ]  

  • space ]  

  • nasa ]  

  • galaxy ]  

  • hubble ]  

  • milkyway ]  

  • goddardlha120n11ngc1769 ]  

ハッブル宇宙望遠鏡 で撮影された大マゼラン雲の様子(2013年1月23日公開)。

大マゼラン雲は、銀河系と同じ局所銀河群に属する銀河で、太陽系からの距離は約16万光年。直径は約14,000光年だが、不定形の形状で不規則銀河に分類されることがある。対を成す小マゼラン雲と共に、銀河系の周りを回る伴銀河と考えられている。

大マゼラン雲は、数多くの天文学的な現象が発生することから「天文学の宝物庫」と言われることがある。例えば、大マゼラン雲星形成が活発であることが知られており、大マゼラン雲内の「タランチュラ星雲」は、局所銀河群内で最も星形成が活発な領域だと言われている。また、1987年に発見された超新星爆発である「SN1987A」は、大マゼラン雲内で発生したものである。

参考資料:

wikipedia

天文学辞典

Image SourceNASA ]

Original Text from NASA

"Hubble Sees Hidden Treasure in Large Magellanic Cloud"